オオサカ堂の美容系医薬品

ジェネリック医薬品は新薬と比べて価格が安い事が魅力です。
なぜ価格が安いのかと言うと、ジェネリックは新薬と比べて遥かに開発に費用がかからないからです。
膨大な開発費を回収する必要のある新薬は、どうしても価格を高くせざるを得ないのです。
新薬は成分に関する特許を持っています。
その特許が活きている間はジェネリックを製造、販売する事が出来ません。
この特許期間に新薬を開発した製薬会社は、開発費を回収できる様になっているのです。
ただ、特許に関する法律と言うのは、基準が国によって異なります。
アメリカで作られた新薬は、アメリカ国内では特許期間中はジェネリックを作れません。
ところが、特許法の違いによりインドではジェネリックを開発する事が出来るといった事が実際にあります。
こうしたことから、日本では処方や販売のされていない海外のジェネリック医薬品を個人輸入で手に入れる人が多くなっています。
では、実際にジェネリック医薬品はどれほど低価格なのでしょうか。
個人輸入代行業者として有名なオオサカ堂でジェネリックの価格をチェックしてみると、確かに新薬と比べれば低価格である事が確認できます。
例えばバリフといえばED治療薬であるレビトラのジェネリックになります。
レビトラ20mgの同店での価格は一箱4錠で6000円以上となっています。
一方のバリフ20mgは10錠で2000円以下です。
こうして比べれば価格差は一目瞭然ですね。
輸入品ですので、その時期の為替レートによって価格が変動します。
円安の影響が出ると価格は上がるかも知れませんので、上記の値段は参考数値となります。
それでも新薬の3分の一以下の値段で海外のジェネリック医薬品は入手できるということがわかるでしょう。
この商品名にある20mgというのは主成分の量を示す数値です。
その他の成分や製法に関しては、新薬とジェネリックでは違いがあります。
そのため、服用のタイミングや副作用についても違いがありますので、説明書などをよくチェックして使用しなければなりません。
こうした輸入品は偽物を掴まされるのではないかという心配をされる方もおられるようです。
オオサカ堂では現地の製薬メーカーから直接薬品を取り寄せている業者のみと取引をしているようです。
また、オオサカ堂は薬品の成分に関する鑑定書をWebサイトに記載しており、第三者機関に成分鑑定を依頼しているので、安心して購入する事ができます。
消費者の視点に立った信頼出来る個人輸入代行業者だといえそうですね。

そんな信頼できる業者としてオオサカ堂を紹介しましたが、実際に個人輸入をりようしてみました。

oskdo2
オオサカ堂はこのような荷物で届きます。

oskdo3
ルミガンをオオサカ堂で輸入してみました、きちんと本物が入っています

oskdo4
オオサカ堂は正規品の証明として書類も入ってるので安心です。

オオサカ堂をはじめ、個人輸入代行には法律などが複雑に絡んでいます。
オオサカ堂は個人輸入代行であり、通販ではないので、医薬品の通販の法律に関しては影響を受けないようです。
そのあたりの事情はこちらをご覧ください⇒オオサカ堂
事前に良く知り、ただしお利用いただければと思います。

※オオサカ堂の利用は、医師の診断の元に利用する事をを勧めします。